もっと動きやすい身体へ

大阪八尾の姿勢改善・不調改善・パフォーマンスアップが強みのパーソナルジムY2

思考

ミスはミスじゃない。

投稿日:

より良いブログを書けるようレベルアップするために色んな方のブログを読んで回っているのですが、徘徊中に下の記事を見つけました。

最近はサッカーのコーチとよく話をするのですが、全く同じようなことが書かれており、日本人選手と海外の選手はどの競技でも同じ悩みを抱えているんだなと。

記事の中でも私が気になったのが以下の文、

ここで気になったのは、ラリー中にコーチから『コントロールを意識して!』と声をかけられた時のリアクションの違いです。ペースを落としてコントロールし始めた日本人に対して、ヨーロッパの選手達は、ほぼペースを落とさずにコントロールにチャレンジし始めます。一言でペースを落とすことができる日本人の技術の高さを褒める場所である、と感じると同時に何かモヤモヤしたものを感じます。日本人に欠けているのは、戦っているイメージです。ボールのペースを落とすと言うことは、弱く軽いボールを打つことになります。そうすると相手にコースを変えられたり、強く打たれて深く押し込まれたり、どちらにしても不利になります。

記事内より引用

この行動の差はミスに対する認識の違いから来るのではないかと個人的には考えます。

ミス=ただの失敗、と捉えるのかそれとも、ミス=チャレンジすると起き得るもの、と捉えるのかによって練習に取り組む姿勢ってかなり変わってくると思います。

なんの記事だったか忘れましたが前回のラグビーW杯日本代表ヘッドコーチのエディ・ジョーンズ氏も『日本人は練習でミスすることを怖がりすぎている。でも練習で上手くなるためにはミスは付き物』みたいなニュアンスのことが書かれていたのを覚えています。

私の仕事経験の中でもウェイト中に普段よりも少し重い重量にチャレンジしない選手に対して『別に失敗しても失うもの無いやろ』と言い聞かせてチャレンジさせた経験が何度もあります。実際にウェイト中の失敗なんて試合中のものに比べたら大したことないですし気にするほどのものではないでしょう。

まとまりがありませんが、新しいことにチャレンジすればミスは起き得るものですが、それによってレベルアップを図れます。レベルアップのためにも積極的にチャレンジしていきましょう。

<編集後記>
CGNのプロテインの味付きを購入してみました。
他にも色々注文したのでまたレビューしたいと思います。

-思考

Copyright© 大阪八尾の姿勢改善・不調改善・パフォーマンスアップが強みのパーソナルジムY2 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.